こと しょう ほう 力士。 四股名と本名が読めない!大相撲の幕内力士・ひらがなの読み方一覧(令和2年9月場所)

の同期には白石(のちの)やがいる。

そんな特別な世界で輝く力士は、私には仙人です。 宇土市立鶴城中学3年次には全国中学校相撲選手権大会でベスト8など実績を積んだ。

5

令和2年11月場所の番付は西 前頭6枚目。 2014年1月場所前の1月3日には虫垂炎の手術を受け、場所直前の様子は師匠によると「手術した傷口がまだ塞がっていないので、今場所は、途中から出場することも厳しいと思う」と言い、このため豊真将は1月場所を休場することを選択した。 年寄・を襲名した。

17

頸椎(けいつい)捻挫により7日目から途中休場• 正代 直也 (しょうだい なおや) 最高位 大関 本名 正代 直也 生年月日 平成3年11月5日(29歳) 出身地 熊本県宇土市 身長 体重 182センチ 150キロ 大学 東京農業大学 所属部屋 時津風 改名歴 正代 直也 初土俵 平成26年3月 生涯戦歴 295勝216敗10休/510出 40場所 幕内戦歴 227勝198敗10休/424出 29場所 、1優勝、2準優勝、1殊勲賞、6敢闘賞、1金星 大関戦歴 3勝2敗10休/4出 1場所 関脇戦歴 39勝21敗/60出 4場所 、1優勝、1殊勲賞、2敢闘賞 小結戦歴 4勝11敗/15出 1場所 前頭戦歴 181勝164敗/345出 23場所 、2準優勝、4敢闘賞、1金星 十両戦歴 24勝6敗/30出 2場所 、1優勝 幕下戦歴 25勝10敗/35出 5場所 、1優勝 三段目戦歴 6勝1敗/7出 1場所 序二段戦歴 6勝1敗/7出 1場所 序ノ口戦歴 7勝0敗/7出 1場所 、1優勝 前相撲戦歴 1場所 正代 直也 (しょうだい なおや) 前相 182センチ 150キロ 西口12 優勝 東二10 東三48 東下59 西下37 優勝 西下3 西下2 東下1 西十12 西十5 優勝 1回目 西前12 敢闘賞 1回目 西前6 東前2 東前5 西前2 西前3 敢闘賞 2回目 西関脇1 西小結1 西前5 東前1 金星 東前5 西前7 東前4 西前4 西前4 東前1 東前3 東前4 東前3 西前3 東前7 東前3 西前4 西前10 準優勝 1回目 敢闘賞 3回目 西前4 準優勝 2回目 敢闘賞 4回目 西関脇1 東関脇1 敢闘賞 5回目 東関脇1 優勝 1回目 殊勲賞 1回目 敢闘賞 6回目 東大関2 使用符号の説明 新しい最高位 格デビュー 引退 優 優勝 同 優勝同点 準 準優勝. 本名と同じ四股名の現役幕内力士とは? ・白鵬関 ・正代関 ・高安関 ・遠藤関 ・石浦関 この5人のお相撲さんは、本名も、四股名も、読み方も、そのままで戦っています! 今年の本場所の応援は、新型コロナウイルスの影響で、拍手とタオルなどの四股名の表示のみです。 1キロ 西下40 東下51 西下56 西下36 176センチ 137. 令和2年11月場所の番付は西 前頭14枚目。

16

幕内力士の際には、平幕力士の中では、、、、らと並び大きな声援を受ける部類に入っていた。 入幕2場所目の11月場所は7勝8敗で負け越した。 新三役の可能性があったが、西で7勝8敗だったが西、西前頭筆頭で8勝7敗だった豊ノ島が東小結となったため、翌5月場所は東前頭筆頭に据え置かれた。

周囲に話すと「やっぱりな」と納得された。 十両優勝決定戦は6人で争うことになり、1回戦目はを破り巴戦に進出した。 成 績 :技能賞2回• の新入幕時点では突き押し、四つのどちらかに絞ることは考えておらず、「押すにしても組むにしても、自分から攻めていきたい。

16

新十両からも着実に勝ち越しを積み上げていき令和2年3月場所で新入幕を果たす。 惜しくも優勝決定戦は狼雅に敗れたが順調な再スタートとなった。

爪が変形したり、骨や関節が痛んだりすることもあります。

15