雑誌 素敵 なあ の 人。 宝島社 60代以上向けファッションムック『素敵なあの人』を月刊化 神下敬子編集長に聞く

年々濃く大きくなったり、小さくても気になるシミの対処法を3部構成で紹介している。 むしろ30代、40代のファッション誌に載ってるコーデとほとんど同じで。 小銭の入るポケットも便利。

11

お母さんのほうが情報通で「これが流行っているみたいよ」と、娘の分も一緒に購入。

3

まだまだ現役世代ということを、皆が共通認識として持てる社会になれば」と話している。 「マチュア」とは、成熟を意味するという。 参照元: 撮影・執筆:田端あんじ c Pouch. global-header--mobile-nav-inner. また、軽さや動きやすさも絶対条件。

6

「グレーヘア」などの社会現象を巻き起こした。 その後、発売したシリーズ 4冊もすべて売れ行きが好調であったことから、『大人のおしゃれ手帖』の増刊として6月25日に発売する号を 最後に9月に月刊創刊することになりました。

これまでに40~60代など幅広い年齢層をターゲットにしたカジュアル系ファッション雑誌や健康情報誌などはありましたが、60代向けファッションに特化した雑誌は同誌が初めてとなります。

その後も高い実売率をキープし、現在までにシリーズ累計29万部超まで伸ばしている。 breadcrumb-container ul li a:after,. ファッション、インテリア、家事、健康など様々な本を手がける。 宝島社は2010年以降、30~60代の大人世代に向け「リンネル」「GLOW(グロー)」「大人のおしゃれ手帖」「otona MUSE(オトナミューズ)」「& ROSY(アンド ロージー)」「MonoMaster(モノマスター)」の6誌を創刊。

1

2s;width:60px;height:60px;line-height:60px;text-align:center;font-size:2. それもあって消費行動は活発」。

5