縫合 不全 観察 項目。 術後縫合不全のケアのポイント【いまさら聞けない看護技術】

術前に時間のある予定手術の場合には、患者の栄養状態や糖尿病のコントロールなど、全身状態をよくしておくことも、縫合不全の予防となります。 授乳や児の世話を早期に始められる。

17

縫合不全のときに起こる症状・感染徴候は下の通りです。 大腸がん患者の看護計画 どの疾患でもそうですが、看護計画を立案する際の問題点は患者の状況に合わせて優先順位や問題点が異なります。

9

WBCや好中球数は正常範囲内である。

4

4. 腹腔ドレーン留置の目的 腹部の手術の多くは臓器を切除して縫合または吻合します。 しかし、以下のような場合は予防的もしくはインフォメーションとして留置する。 腹膜炎などの重篤な状態が引き起こされる場合がある• 下部直腸の場合、 排便時の鈍痛や不快感、粘液性の血便などの諸症状が見られます。

10

その場合には、再手術が必要となります。

3

やがて腸閉塞を起こし、場合によっては穿孔により腹膜炎につながることもあります。 腹膜炎を合併した場合は、再手術の適応となる 縫合不全のリスク因子• 呼吸器合併症の予防 性肺炎や無気肺など呼吸器合併症のリスクも高いため、口腔ケアや呼吸訓練を行い予防に努める。 ストーマの位置によっては密着性の関係から、術後に皮膚トラブルが生じる場合があるため、患者を始め、医師や担当看護師、皮膚・排泄ケア認定看護師で慎重に部位を決めた後マーキングを行っていきます。

1

深部静脈血栓症の予防法は、早期離床、弾性ストッキング、間欠的空気圧迫法などがある。 縫合不全のメカニズムを理解し、早期発見に努め、適切なケアを提供できる 病態• 2 なるべく胸が膨らむように、ゆっくりと鼻で息を吸い込む。 主な手術例 ・S状結腸切除術 ・汎発性腹膜炎(パンペリ) ・胃がん摘出手術 などがあります。