茨城 鳥 インフルエンザ。 日本農業新聞

野鳥の異常に関すること 環境保全課(電話番号:029-232-9154)• 葉梨農林水産副大臣と茨城県知事との意見交換を実施し、茨城県と緊密な連携を図る。 令和3年1月26日• () 添付資料 関連情報 関連Webページ 連絡先 環境省自然環境局野生生物課鳥獣保護管理室 代表 03-3581-3351 直通 03-5521-8285 室長 川越 久史 (内線 6470) 企画官 立田 理一郎 (内線 6465) 係長 中山 裕貴 (内線 6474) 担当 宮澤 結有 (内線 6477)• 茨城県によりますと、1日午後3時ごろ、城里町の卵を採取する養鶏場から「ニワトリが相次いで死んでいる」と連絡があり、遺伝子検査を行ったところ、2日になって高病原性の「H5型」の鳥インフルエンザウイルスが検出されました。 令和3年1月25日 山武郡横芝光町 1月21日疑似患畜確認 1月23日防疫措置完了• (2)周辺地域のみならず国民の皆様におかれては、「野鳥との接し方について」に十分留意されるようお願いします。

1

2021年2月4日• 日常生活においては、鳥の排泄物等に触れた後には手洗いとうがいをしていただければ、過度に心配する必要はありませんので、冷静な行動をお願いします。 県は自衛隊の災害派遣を要請し、飼育されている鶏をすべて殺処分する。 農場での発生は2005年度の低病原性鳥インフルエンザ発生以来となる。

16

茨城県の殺処分・焼埋却等の防疫措置を支援するため、必要に応じ、各地の動物検疫所、家畜改良センター等から「緊急支援チーム」を派遣。 (3)本日、当該鶏について遺伝子検査を実施した結果、H5亜型であり、高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜であることを確認。

6

令和2年2月15日• ア 当該農場の飼養家きんの殺処分及び埋却、 イ 農場から半径3km以内の区域について移動制限区域の設定、 ウ 半径3kmから 10km以内の区域について搬出制限区域の設定等 必要な防疫措置を迅速かつ的確に実施。

1日に鶏舎5棟のうち1棟で171羽が死んでいるのが見つかり、県に連絡した。 。

16

令和3年2月9日• 県は自衛隊に災害派遣を要請。

14

農場の概要 農場所在地:茨城県城里町 飼養状況:採卵鶏(約84万羽) 2. 農林水産省としては、「農林水産省鳥インフルエンザ防疫対策本部」を持ち回りで開催し、今後の対応方針(大臣指示)に従い措置を実施することについて確認します。 同日午前、養鶏場で飼育している約84万羽の殺処分を始めた。

13

3.留意事項 (1)鳥インフルエンザウイルスは、感染した鳥との濃密な接触等の特殊な場合を除いて、通常では人には感染しないと考えられています。 【取材について】 現場での取材は、ウイルスの拡散や感染を防ぐ観点から、厳に慎むようお願いします。 令和3年1月4日• 令和3年1月5日• 環境省・新着情報 令和3年2月4日 自然環境 茨城県の死亡野鳥におけるA型鳥インフルエンザ遺伝子検査陽性について 茨城県潮来市で、2月1日(月)にコブハクチョウ1羽の死亡個体が回収され、遺伝子検査を実施したところ、本日、A型鳥インフルエンザウイルスの遺伝子の陽性反応が出た旨の報告がありました。

19

令和3年1月21日 いすみ市(2例目) 1月11日疑似患畜確認 2月17日防疫措置完了• 令和2年12月28日• 全国社会の記事一覧• 令和3年2月8日• 殺処分に10日程度かかる見込みだ。 鳥インフルエンザ関連情報 高病原性鳥インフルエンザ(HPAI 陽性について 県内における高原性鳥インフルエンザ(HPAI)陽性に伴う対応 千葉県における高原性鳥インフルエンザ(HPAI)陽性に伴う対応 県民の皆様へ 養鶏農家の皆様へ 高病原性鳥インフルエンザが発生している国や地域への立入には万全のご配慮をお願いします。 () 添付資料• 発生農場は1日、死んだ鶏が増加したことから県に通報。

18